忍者ブログ

綺麗なお姉さんは好きですよ

NEW ENTRY
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

05/09/12:30  ダービーを語る 斉藤由貴 さまっ ♥


 母の日の5月8日。仕事が休みで阪神競馬場に行ったとき、メーンレースも終わり、ボーッとしてたら、モニターに斉藤由貴様が映ってました。何だろうと思って見ていたら、「斉藤由貴ダービーを語る」とかで、競馬というかなんというかを斉藤由貴様が語っておられました。
 以前、このブログではないですが、安田美沙子様がウオッカを語っておられましたが、それのシリーズなのかな?




 優駿という映画に出演されていて、それを絡めてダービーのことも語っておられましたが、この映画、見てないんですよね。見てたら「懐かしいー。」と思えたんでしょうけれど、でも、この映画、もう30年も前なんですね。で、開催していないパークウインズだったとはいえ、まだ最終レースが残っていたし、音声が聞き取りづらかったのですが、その優駿という映画では、第54回の東京優駿(日本ダービー)のレース映像が使われていて、その時の優勝馬がメリーナイスというお馬さんだということで、「メリーナイスか、懐かしいなぁー」と言いたいけれど、この馬が東京優駿を勝った頃なんて、競馬に関心なんてなかった時期ですからね。ちょっと気になってJRAのサイトでチラッと見たら、24頭立てのレースですよ。…あ、いかんいかん、競馬の話はこのブログで熱く語っても仕方ないですよね。
 斉藤由貴様といえば、スケバン刑事やはいすくーる落書とか、時代を思わせる学園もの(?)のイメージが強いんですが、はね駒(ちなみに「はねこんま」って読みます)で連続テレビ小説のヒロインも務めておられたんですよね。
 まぁ、優駿に出演されていたことをスッカリ忘れていて、「何で、斉藤由貴様が?」とか思っていたのですが、やっぱりウィンズなり競馬場に行くと、こういうのも目にできるのが、ただインターネットで投票してレース結果だけ見て…とは違うんですよね。
 
 なんか、結局、斉藤由貴様というより、競馬のこと書いた気がする、今回の記事でした。
 
 

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL